ゴールドカード比較【ゴールドカードの申し込み方法やトラブルが起こった時の対処方法などを解説しています。】

ゴールドカードの申し込み方法やトラブルが起こった時の対処方法などを解説しています。

p> 【入会申し込み書の記入方法】

クレジットカードの入会申込書を記入する時はどのように記入していますか?
ほとんどの方は気軽に記入しているのではないでしょうか?
しかし入会申し込み書は審査を判断する上で、とても重要なものなのです。
カードの審査は、『個人信用情報』+『申し込み書の内容』で判断しますが、この内容が合格ラインギリギリだった場合には人の目で審査します。
その場合に記入の仕方の丁寧さが少々関係してくるのです。
どんな時にも誠実さが伝わるような記入を心がけたいですね。


【クレジットカードの見方】

◆カードの表面◆
カードの表面には重要な情報が記載されています。厳重に管理しましょう。

〈カード番号〉  4つの数字が4つ並んでいて、残部で16桁の構成になっています。
          ネットショッピングなどで入力する「カード番号」はこの番号の事です。

〈使用期限〉  カードを利用することのできる期限のことです。ネットショッピングなどで
          入力する、「使用期限」はこの数字の事です。★★/☆☆と記載されている、
          前の★★が月・☆☆が年を意味します。

〈ブランド〉   記載されているロゴのブランドを利用する事ができます。

〈カード会員名〉 ローマ字でカード会員の名前が刻印されています。
  

◆カードの裏面◆

 〈磁気〉     黒い帯の部分です。この部分をカードリーダーに通して使用します。スキミング
          被害の対策として、ICカードへの移行が進んでいるようです。

 〈署名欄〉    自分のサインを記入しておく所です。使用したときの本人確認の際に見比べる為、
          書き忘れる事のないように注意しましょう。まねをされにくいサインにする事も
          大切です。 

 〈クレジットカード会社の詳細〉カードを発行した会社の住所・電話番号が記載されています。
          カードを紛失した時に備え、記載されている電話番号をひかえておきましょう。

 〈提携ATM〉  キャッシングが利用できるATMのロゴが表示されています。


【身に覚えのない請求がきたら?】

見に覚えのない不正請求が起こった時に慌てる事のないように、対処法を知っておきましょう。

(1)確認・・・まず、自分が使っていない事を再度確認しましょう。

(2)連絡・・・勘違いではない事を確認した後、クレジットカード会社に連絡します。何処で何に使用されたのか、詳細を確認します。

(3)再発行の手続き・・・クレジットカード会社への連絡と同時にカードの再発行の手続きをとりましょう。再発行手続きをとると、カード番号・有効期限が別のものになりますので、もし誰かに不正に使用されていたとすれば、それ以上使用される事はありません。

(4)再調査・・・詳細を確認した後、やっぱり見に覚えの無い請求だった場合はクレジットカード会社に再調査を依頼します。(警察にも届けておきましょう)何らかの方法で自分で使用したものではない事が証明できれば、カード会社によって対応が違いますが補償を受ける事ができます。

◎不正利用という事が証明されず、補償が受けられない時には『消費者センター』や『クレジットカードの業界団体』に相談してみるのも一つの方法です。


このようなトラブルが起こった時、迅速に対応できるよう支払い明細をこまめにチェックする事が大切です。


【明細の取り扱い方】

クレジットカードを使用した時は、必ずクレジットカード明細をいただきます。
この明細は、請求明細が届くまでしっかりと保存しておきましょう。
正しく請求されている事を確認した後、明細を処分しても大丈夫です。
処分をする際は、番号や有効期限が分からないよう、シュレッダーにかけるなど注意しましょう。


【支払い方法と金利】
意外と高額なのが金利です。金利のかからない支払い方法を知って無駄なくカードを利用しましょう。

『金利がかからない支払い方法』
☆一括払い☆
・・・次回の支払い日に一括で支払う方法です。カードの締め日で異なりますが、1~2ヶ月後の支払いになる事が一般的です。

☆2回払い☆(金利がかからない事が多いですが念の為カード会社に確認してみましょう)
・・・支払いを2回に分けて行う方法です。大型商品を販売している大手家電店では比較的使用できますが、利用する店舗によっては利用できない事が多いです。

☆ボーナス一括払い☆
・・・一般的には7月・1月の引き落としとなる支払い方法です。忘れた頃に支払いがやってくるので注意が必要ですが、いざという時は便利な方法です。
『金利のかかる支払い方法』
★分割払い★
・・・支払いを3回以上に分ける方法です。(利用できない店舗もあります)

★リボルビング払い(リボ払い)★
・・・リボルビング専用のクレジットカードで利用する事が多く、前もって月々の支払金額を決めておく方法です。例えば、月々の支払金額を1万円と決めていたら、その月に1万円以上カードを利用していても支払いは1万円でOKです。
しかし、支払っていない残りの金額には金利がかかってしまいます。

★あるとき払い★
・・・リボルビング払いにプラスして、『余裕のある時に残りを支払う』という機能が付いた方法で、最近増えてきている支払い方法です。

【海外旅行でのカードトラブル】
今までクレジットカードを持った事がないけれど、海外旅行を機に1枚作ってみようかなという方は少なくないと思います。
しかしクレジットカード1枚だけでは少し心もとないかもしれません。
クレジットカードを使用する時は、お店の機械にカードを通しカード会社の承認を得た後に使えるようになります。
そのため、お店の機械とクレジットカードの磁気の相性が悪かったり、通信回路が混んでいる時など承認が下りなかったりして使えない事があります。
その時に手持ちの現金があればいいのですが、カードで支払うつもりであまり持っていなかった場合大変です。
このようなトラブルをさける為にも、クレジットカードは2種類以上持ち・カード会社の海外での連絡先などを控えておく事をおすすめします。


【ヤングゴールドカードとは?】
ヤングゴールドカードは30歳未満の方を対象としたゴールドカードです。ヤングゴールドカードの会費は、一般のものと比べて格安でサービスが充実している為とてもお得です。
一般カードに比べて限度額も上がりますので、20代の方が持つメインカードとしてとてもオススメです。






同じカテゴリーの最新の記事

  • ゴールドカードの申し込み方法やトラブルが起こった時の対処方法などを解説しています。

    p> 【入会申し込み書の記入方法】 クレジットカードの入会申込書を記入する時はどのように記入していますか? ほとんどの方は気軽に記入しているのではないでしょうか? しかし入会申し込み書は審査を判断する上で、とても重要なものなので...


  • ゴールドカード比較ポイント

    このページでは、各カード会社から発行されている多種多様のゴールドカードの中から自分にあった1枚を選ぶポイントをご紹介しています。 【申し込み資格】 一般カードの申し込み資格は『18歳以上で定職についている方』といったような、比較...


  • ゴールドカードの審査

    【ゴールドカードの審査は融通がきく】 一般的に提示されているゴールドカードの審査基準として『30歳以上・年収500万円以上・勤続5年以上』というのがあります。 この条件を全てクリアしているのに越したことはないのですが、「絶対クリ...


  • ゴールドカードのメリット

    【ゴールドカードの限度額】 一般カードの限度額は通常10~30万ぐらいが主流です。海外旅行をする場合など前もってカード会社に申請しておくと一時的に限度額を上げる事ができますが、それでも上限100万円程度とされています。 それに比べ、ゴー...


  • ゴールドカード比較

    『ゴールドカード』とは、どのようなカードの事をいうのでしょうか? クレジットカードの多くにはグレードがもうけられており、最もシンプルでスタンダードなカードは普通カード・クラッシックカードなどと呼ばれています。 この普通カード...